群馬県渋川市/白井宿八重ざくら祭り

【お祭り参加者募集中】
平成27年4月26日(日)に開催される 白井宿八重ざくら祭り では只今参加者を募集中です。

募集するのは、レンタル甲冑コースと甲冑持参コースの2コースです。

・申込みについて:申し込みは渋川市ホームページからお願いいたします。
http://www.city.shibukawa.lg.jp/index.html

・申込期間:平成26年12月19日(金曜日)~平成27年2月28日(土曜日)

・お問い合わせ先
子持総合支所経済建設課
群馬県渋川市吹屋384番地 0279-24-1211

『武者行列』参加者募集
白井宿八重ざくら祭りを平成27年4月26日(日曜日)に開催します。
「武者行列」は17回目になります。
今回募集するのは、レンタル甲冑コースと甲冑持参コースの2コースです。
ご希望の方は、下記の「申込方法」によりお申し込みください。
甲冑レンタルコース
甲冑はご用意します。
集合時刻:午前9時00分
終了時刻:午後0時30分
集合場所:渋川市子持社会体育館(渋川市吹屋658-10電話0279-24-8148)
コース:子持社会体育館→道の駅こもち→白井宿→子持社会体育館
定員:若干名
参加料・レンタル料:無料
heishi
武者行列で着ていただく装束の写真です。履き物は、わらぞうりを履いていただきます。着付け・ぞうりの履き方も専門スタッフがご指導いたします。
甲冑持参コース
あなたの「自慢の甲冑」で八重ざくら祭りの隊列に参加します。ふるってご参加ください。
集合時刻:午前9時00分
終了時刻:午後0時30分
集合場所:渋川市子持社会体育館(渋川市吹屋658-10電話0279-24-8148)
着替え室:渋川市子持社会体育館
コース:子持社会体育館→道の駅こもち→白井宿→子持社会体育館
定員:50名(定員になり次第締め切り)
参加料:無料
申込みについて
申込方法
お申し込みは本ホームページからお願いいたします。
別添資料「申込方法について(PDF:1,632KB)」を参考の上、ページ最下段の「お問い合わせフォーム」から
申し込み者の「氏名」「ふりがな」「メールアドレス」「住所」「郵便番号」「電話番号(当日連絡がつく携帯番号をお願いいたします。)」等の必要事項を入力
内容欄に、「白井宿八重ざくら祭り、甲冑○○○○コース、参加希望」と入力
の上、メール送信をお願いいたします。
受付後、事務局より、メールでご連絡させていただきます。
申込期間
平成26年12月19日(金曜日)~平成27年2月28日(土曜日)
その他
昼食は軽食をご用意します。
入浴用タオル等ご持参いただくと、日帰り入浴施設「白井温泉こもちの湯」を1時間250円(各自お支払い)でご利用いただけます。(社会体育館から徒歩2分)
地図データ ©2015 Google, ZENRIN
利用規約
地図
航空写真
1 km
Adobe Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ先
子持総合支所経済建設課
住所:群馬県渋川市吹屋384番地
電話番号:0279-24-1211
ファクス番号:0279-24-6189

■平成27年4月26日(日)
■群馬県渋川市白井地内 白井宿周辺
■JR上越線「渋川駅」から関越バス(桜の木行き)で「鯉沢」下車、徒歩10分

中世から多くの旅人が往来し、昔ながらの町並みを残す旧白井宿に、八重桜の開花に併せて、戦国武将などの衣装を身にまとった武者行列が行われるほか、農産物・特産品を販売する六斎市、「彌酔(やよい)の句会」と呼ばれる俳句大会が行われます。

■主催:渋川市子持総合支所
■問合せ先:渋川市子持総合支所 経済建設課
住所:群馬県渋川市吹屋384番地
電話:0279-24-1211
FAX:0279-24-6189
■Webサイト:
渋川市公式サイト
http://www.city.shibukawa.lg.jp/index.html
(イベントhttp://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/matsuri/shiraiyado_yae.html

2012年のお祭りレポート

4月22日(日)

群馬県渋川市・白井宿沿いの八重桜が満開になった22日に、戦国武将などの衣裳を身にまとった武者行列が行われました。
白井城の城下・白井宿は土蔵造りの家並みなどが宿場町としての面影を残しています。道の中央を白井堰が流れ、その端に八重ざくらが何十本も植えられています。

白井宿と祭仕様のお地蔵さん

今年度は開花が遅れていたのかほとんどが蕾の状態でしたのが若干残念でしたが、日当たりのいい所に咲いている桜の木は満開になっていました。

出陣場所となる「道の駅こもち」では市長の勝鬨の声と共に参加者全員で「えい えい おー」と掛け声を掛け白井城主であった長尾景仲公と本多広孝公の旗を先頭に行列は出発します。

DSCN4302 DSCN4301 DSCN4303

子ども武者隊や女武者隊、手作り甲冑隊の皆さん、などが列をなして白井宿に向かって出陣です。
山車も出ています。上乃町の山車には「上杉謙信公」、中乃町の山車には「長尾景仲公」、そして 下乃町の山車には「天宇受売命(あまのうずめのみこと)」の人形が。

当日は武者行列の他に農産物・特産品を販売する六斎市、俳句大会や琴の演奏、抹茶のサービスなども行われ、白井宿一帯は行列を見に集まった方たちの他におみやげ物の袋を抱えた方たちでいっぱいでした。

【お祭りレポートバックナンバー】

■群馬県渋川市 白井宿周辺 八重桜まつり
2008年