平野神社 桜花祭

■平成26年4月10日(木) ※毎年4月10日
■京都市北区平野宮本町 平野神社周辺
■JR「京都駅」より市バス205・50系統「衣笠校前」下車、徒歩1分
京阪「三条駅」より市バス15系統「衣笠校前」下車、徒歩1分
阪急「大宮駅」より市バス55系統「衣笠校前」下車、徒歩1分

桜の名所として名高い平野神社。
桜花祭は、寛和元年(西暦985年)4月10日平野臨時祭として、花山天皇により臨時の勅祭が行われたのが始まりです。「幾世の春を床しく匂えよ」と、仰せられ、舞楽「東遊」や競べ馬などが催されました。
この桜花祭は午前の神事に続き、午後は騎馬や織姫達の神幸列が氏子地域に繰り出し、その行列は時代絵巻の様で、氏子の住んでる町内を練り歩きます。
また桜の咲いてる期間中はクラシックを中心とした桜コンサートが催されます。そして地元衣笠小学校児童画照明や、手のひらの中でも桜を楽しめる桜湯、桜にちなんだお香、桐箱、ロウソク等も授与されます。

■主催:平野神社
■問合せ先:平野神社
住所:〒603-8322 京都市北区平野宮本町1番地
電話:075-461-4450
FAX:075-461-1700
■Webサイト:
平野神社
http://www.asahi-net.or.jp/~cr8y-httr/hirano/
(桜花祭 http://www.asahi-net.or.jp/~cr8y-httr/hirano/maturi.htm

2013年のお祭りレポート

平成25年4月10日

生命力を高める神様の象徴として、平安時代より桜を植樹し、古くから桜の名所となった平野神社。そんな桜の名所で行われる桜花祭は985年、花山天皇(かざんてんのう)によって始められたお祭りで平野神社に行幸し、天皇家の繁栄を祈願されたそうです。まずは、午前中に本殿前で神事が行われます。 お祓いや祝詞の後平野神社の御祭神の御霊(みたま)を舞殿前に置かれた鳳輦(ほうれん・神輿)に移します。無事に移された後、一度神職の方は退場されます。次にどちらに向かわれるのかと言うと・・・平野神社から北へ徒歩10分ほどの距離にある『花山天皇陵』です。こちらに参拝され、桜花祭の無事を祈願します。ちなみに、平野神社の境内に植えられている桜は花山天皇の手によるものなんです。そして、神職の方は再び平野神社へ戻られます。12時から始まった『発輦祭(はつれんさい)』では鳳輦のお祓いや、一緒に行幸する人たちのお祓いが行われます。この後、周辺の氏子地区を2時間以上かけてゆっくりと回ります。行幸を共にするのは、甲冑姿や流鏑馬姿の武士、曲水の女官・物詣姿、元禄時代の女性等です。 発輦祭が終え、隊列を整えるといよいよ平野神社を出発します。行幸は、桜のアーチをくぐりぬけ境内を飛び出しました。平野神社へは15時半頃帰着し発輦に宿された御霊を本殿へと戻し無事終了されました。

DSC00686
午前中の神事が始まりました。


DSC00688
赤鬼・青鬼の登場です。


DSC00690 DSC00691
お稚児さんかわいい(●^o^●)


DSC00702
元禄の女性。実は髪は自毛の結髪です。


DSC00706
物詣姿の女性です。


DSC00707
大鎧姿です。


DSC00711
こちらも自毛の結髪です。


DSC00719 DSC00720
休憩中には、出演者同士で記念撮影タイムです(●^o^●)


DSC00728
休憩後、神社までもどり行列は無事終了となりました。


【お祭りレポートバックナンバー】

■京都府京都市 平野神社 桜花祭
2012年 2011年 2007年