かるた始め式

■毎年1月3日
■京都市東山区 八坂神社
■京阪「祇園四条駅」より徒歩約5分
阪急「河原町駅」より徒歩約8分
JR「京都駅」より市バス206番「祇園」下車すぐ

平安時代の袿を模した装束で身を包んだ「かるた姫」達が、百人一首が読み上げられる中、かるたを取り合うという儀式です。これは、八坂神社の祭神である素戔嗚尊が、櫛稲田姫命とのご結婚の際に、「八雲たつ 出雲八重垣 妻ごめに 八重垣つくる その八重垣を」という日本最初の短歌を詠んた事にちなんで行われる様になったものです。日本かるた院本院(同市下京区)などが昭和46年から毎年神前に奉納しています。小倉百人一首を読み上げる中、袿に身を包んだ童女、童子姿の子供たちは、平安貴族が遊んだと言われるかるた競技を披露します。境内に響きわたる、古式豊かな和歌とかるた遊び、お正月にふさわしい伝統行事です。

■主催:日本かるた院
■問合せ先:八坂神社
住所:〒605-0073 京都市東山区祇園町北側625番地
電話:075-561-6155
FAX:075-531-1126
■Webサイト:
八坂神社
http://www.yasaka-jinja.or.jp/
(お正月行事 http://www.yasaka-jinja.or.jp/event/shougatsu.html

2015年のお祭りレポート

平成27年1月3日(土)

新春恒例の「かるた始め式」が3日、京都市東山区の八坂神社で行われ、初詣の参拝者らが見守る中、平安装束を身にまとった女性や子どもたちが、かるたの手合わせを披露しました。

「かるた始め式」は八坂神社の祭神スサノオノミコトの詠んだ歌が和歌の起源となった故事にちなみ、神社と日本かるた院本院が毎年催されており、45回目の今年は小学1年~20代の28人が参加されました。

袿姿や狩衣姿など色鮮やかな装束を身につけ、童子や童女、かるた姫にふんした参加者は、鈴山理事長が上の句を詠み始めると、「はい」と声を上げ、札に素早く手を伸ばした姿に声援が送られていました。

写真 2014-12-29 17 15 42 (800x600) 写真 2015-01-03 12 36 14 (800x600) 写真 2015-01-03 13 21 39 (800x352)

写真 2015-01-03 14 20 35 (600x800) 写真 2015-01-03 14 23 32 (600x800) 写真 2015-01-03 14 22 50 (600x800)

写真 2015-01-03 15 03 50 (800x600)

【お祭りレポートバックナンバー】

■京都市東山区 八坂神社 かるた始め式
2013年 2011年 2008年 2007年 2006年